博多ラーメンのトッピングなど

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

チャーシューやきくらげ博多ラーメンの特徴としては何よりも豚骨スープのこってりとして白濁したスープが挙げられますが、それ以外にも個性的で特徴的な面もあります。まず麺ですが、細麺になっており、他の地域で食べられているラーメンとよりもさらに細いといえるでしょう。またこの麺を希望によって硬さを変化させることができます

例えばバリカタは普通よりももっと硬くなっており、歯ごたえがとてもいい麺です。反対に柔らかい麺にすることもできます。またラーメンを食べるときに多めに食べたい方には大盛りを提供しているところもありますが、多くの店で替え玉を提供しています。これはお替わりの麺というもので、食べたラーメンの中に新しい麺をプラスするというものです。これによって2杯目を食べるような感覚で召し上がることができます。

トッピングとしてはチャーシューきくらげ海苔といったものがあります。多くの店ではトッピングがシンプルで、チャーシューとねぎだけといったところもあります。ただ店によっては博多ラーメンの味を損ねるということでトッピングをできる限りシンプルにしているところもあります。この点は他の地域にあるラーメンと大きく異なっている点といえるでしょう。