博多ラーメンのトッピングなど

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

チャーシューやきくらげ博多ラーメンの特徴としては何よりも豚骨スープのこってりとして白濁したスープが挙げられますが、それ以外にも個性的で特徴的な面もあります。まず麺ですが、細麺になっており、他の地域で食べられているラーメンとよりもさらに細いといえるでしょう。またこの麺を希望によって硬さを変化させることができます

例えばバリカタは普通よりももっと硬くなっており、歯ごたえがとてもいい麺です。反対に柔らかい麺にすることもできます。またラーメンを食べるときに多めに食べたい方には大盛りを提供しているところもありますが、多くの店で替え玉を提供しています。これはお替わりの麺というもので、食べたラーメンの中に新しい麺をプラスするというものです。これによって2杯目を食べるような感覚で召し上がることができます。

トッピングとしてはチャーシューきくらげ海苔といったものがあります。多くの店ではトッピングがシンプルで、チャーシューとねぎだけといったところもあります。ただ店によっては博多ラーメンの味を損ねるということでトッピングをできる限りシンプルにしているところもあります。この点は他の地域にあるラーメンと大きく異なっている点といえるでしょう。

博多ラーメンのスープベース

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

白濁したスープ全国各地にいろんなタイプのラーメンがありますが、白濁したスープが特徴的なのが博多ラーメンでしょう。こってりした印象と強いとんこつの香りが個性的でもあります。博多ラーメンのスープに関してですが、豚骨をベースとしています。豚骨をじっくりと煮込んでいくことによってゼラチン質が溶け出し、それがとろみとなってこってりしたスープを作り出しています。この豚骨スープのこってりとしてコクの強い味と香りについては苦手な方もおり、そういった方に対する考慮として最近では鶏ガラも併用しているお店が出てきています。

博多ラーメンの白くてこってりした豚骨スープは博多ラーメンの特徴でもある細麺にしっかりと絡み、いい味わいを作り出しています。さらにいろんなトッピングなどもあり、個人によってさまざまな味わい方をすることができます。博多ラーメンの豚骨スープは独特の香りとうまみを持っていますが、また違った味わいかたを楽しみたいという方もいることでしょう。そんな方はトッピングやテーブルに添えられている紅ショウガカラシ高菜を活用してみるといいでしょう。辛みをプラスしたり、またさっぱりとした口当たりになったりするので、いつもとは違った味わい方を堪能することができます

博多ラーメンの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

白く白濁したスープ全国各地にはご当地ラーメンと呼ばれるものがあり、それぞれで見た目や味が大きく異なっています。そんな中でも細い麺と白く白濁したスープが個性的で特徴的なのが博多ラーメンです。博多独自の味とも言えますが、このラーメンはベースとして豚骨をたっぷりと使用しています。豚骨をじっくりと煮込んでいくことによって徐々にゼラチンが溶け出していきます。同時に豚骨の持つ強いコクも引き出されてきます。豚骨を煮込んだスープは白濁としており、非常にクセの強い香りがします。最近ではこの癖の強い香りを軽減させるために鶏ガラを使用してラーメンを作っているお店も出てきています。

博多ラーメンはスープがこってりとしている反面、トッピングは他の地域のラーメンに比べるとシンプルな傾向にあります。数種類のトッピングが一般的で、中には反対にトッピングを極力減らしているところもあるほどです。さらに博多ラーメンでは替え玉のシステムを多くの店が採用しており、もっと食べたいという方向けに提供されています。博多ラーメンの麺はとても細く、北海道の札幌ラーメンのような太い麺とは対照的となっています。まっすぐストレートな麺でとても細いのが特徴的です。また麺は柔らかさを大きく変えることができます。強いコシを求める方はバリカタなど硬い麺をオーダーすることができます。このサイトではいろんな特徴を持つ博多ラーメンのユニークさについて説明をしています。ラーメン好きな方は是非読んでみてはいかがでしょうか。