博多ラーメンの特徴

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

白く白濁したスープ全国各地にはご当地ラーメンと呼ばれるものがあり、それぞれで見た目や味が大きく異なっています。そんな中でも細い麺と白く白濁したスープが個性的で特徴的なのが博多ラーメンです。博多独自の味とも言えますが、このラーメンはベースとして豚骨をたっぷりと使用しています。豚骨をじっくりと煮込んでいくことによって徐々にゼラチンが溶け出していきます。同時に豚骨の持つ強いコクも引き出されてきます。豚骨を煮込んだスープは白濁としており、非常にクセの強い香りがします。最近ではこの癖の強い香りを軽減させるために鶏ガラを使用してラーメンを作っているお店も出てきています。

博多ラーメンはスープがこってりとしている反面、トッピングは他の地域のラーメンに比べるとシンプルな傾向にあります。数種類のトッピングが一般的で、中には反対にトッピングを極力減らしているところもあるほどです。さらに博多ラーメンでは替え玉のシステムを多くの店が採用しており、もっと食べたいという方向けに提供されています。博多ラーメンの麺はとても細く、北海道の札幌ラーメンのような太い麺とは対照的となっています。まっすぐストレートな麺でとても細いのが特徴的です。また麺は柔らかさを大きく変えることができます。強いコシを求める方はバリカタなど硬い麺をオーダーすることができます。このサイトではいろんな特徴を持つ博多ラーメンのユニークさについて説明をしています。ラーメン好きな方は是非読んでみてはいかがでしょうか。